女の人

加齢臭は石鹸で治る時代|爽やかな匂いへ早変わり

ニキビにオススメの洗顔

洗顔する人

弱アルカリ性がオススメ

にきびは皮脂が毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖し炎症を起こすため発生するものです。そのため、石鹸洗顔で皮脂をしっかり落とすことが必要になります。そこでオススメなのが弱アルカリ性の石鹸です。弱アルカリ性の石鹸は肌に界面活性剤を残しません。界面活性剤は肌にぴったりくっつくことでしっとりとした洗い上がりになります。しかし使い続けていると角質の剥がれを促進し、異常を感じた肌が皮脂を大量に分泌し始めます。そのため余計に、にきびになりやすくなってしまいます。弱アルカリ性であれば、しっかりと毛穴の汚れも洗浄できる上に界面活性剤も残さないため、角質の異常な剥がれを防ぎ、それに伴う皮脂の過剰分泌も防ぐことができるのです。

見分け方

にきびには弱アルカリ性の石鹸が効果的です。ですが、どの石鹸が弱アルカリ性なのか一目では見分けがつきません。一番確実なのはメーカーに問い合わせる事ですが、面倒だという方は成分表示を見てみましょう。脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが含まれている場合は、弱アルカリ性です。他にも石鹸素地や純石鹸分が含まれているものも弱アルカリ性である場合が多いです。反対に弱酸性のものは、クエン酸・クエン酸Naが成分にあったり、合成界面活性剤で作られていたりします。また、弱アルカリ性の石鹸の中でも、枠練り製法のものは美容成分も配合しやすいため、肌により優しい石鹸となります。以上のように、石鹸を買う際には成分と製法をしっかり見極めて、にきびに悩まされない肌を手に入れましょう。